全国建設労働組合総連合 National Federation of Construction Workers' Unions
BACK HOME
知っ得News 家を建てたいリフォームしたい 全建総連コーナー
サイトマップ
お問い合わせ
知っ得news
知っ得news
建設情報
特集:公契約条例(法)
特集:建退教
ゆうゆう住宅
公共工事設計労務単価
信用保証協会関係
小規模工事登録制度
工務店モニター調査
納税者権利保護規定の法制化を
全建総連住宅建築業務基準(職人憲法)
職業訓練校の一覧
各種資格の内容・日程等
国民年金に加入しよう
建設労働者・職人のための「建設国保」
ひとつ上の確かなゆとり「国民年金基金」
貯蓄としても利用できます「全建総連 共済NET」

HOME > 知っ得News > 建退共/証紙の貼付

建退共
建退共とは
共済手帳をもらう
労働者の負担なし
証紙の貼付
退職金をもらうには
建退共制度の仕組み
事業主の方へ
現場で証紙を貼ってもらいます

 交付された共済手帳は労働者本人のものですから、働く事業所をかわっても、その先々の事業主に共済手帳を提示して同じように証紙を貼ってもらうことができます。

 また、全建総連の各県連・組合は建退共本部から『事務組合』としての認可を受けて必要な手続きを行っていますので、事業主がそこを通じて建退共に加入していれば、組合で証紙の貼付を受けられます。

 なお、公共工事では、証紙の金額も含めて工事代金を積算することにより、国や地方自治体が掛金(証紙代金)を負担しています。この場合、元請に対して証紙の購入が義務付けられており、元請から証紙の支給や貼付を受けることとなります。

 大手ゼネコンは、専門工事業者や労働者に対して責任を持って証紙の支給を行うことを全建総連に約束しています。

退職金共済手帳には、このような証紙が貼られます。
労働者本人が証紙(掛金)の費用を負担する必要はありません。
公共工事の現場では、建退共の適用が義務付けられています。
BACK HOME TOP |
Copyright(C)2000-2005 National Federation of Construction Workers' Unions All Rights Reserved.