全国建設労働組合総連合 National Federation of Construction Workers' Unions
BACK HOME
知っ得News 家を建てたいリフォームしたい 全建総連コーナー
サイトマップ
お問い合わせ
■イラク攻撃で書記長が談話
(2003/3/19)
2003年3月19日
                        談 話
                                      全国建設労働組合総連合
                                          書記長 佐藤 正明

 昨日、米国のブッシュ大統領はイラクに対する軍事攻撃を宣言しました。世界の平和と民主主義を蹂躙し、多くの市民の命を奪うこの蛮行に激しい怒りと断固たる抗議の意志を表明するものです。
 国連査察団による追加報告は査察の継続を求めており、安全保障理事会での決議なしでの攻撃は、国連憲章に明確に違反した行為であるといえます。さらに、国連の果たしてきた役割そのものを否定するものです。
 小泉内閣はこれまで「武力行使には国連安保理での新決議が望ましい」としてきました。しかし、ブッシュ大統領が決議案を事実上取り下げ、イラクに対する最後通告を行った18日には、すぐさま米国への支持を表明しました。しかも、私たち国民に対する説明は一切なされていません。小泉首相の米国に追随するこの姿勢は「武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する」とした日本国憲法の精神に真っ向から反するものです。
 私たち建設労働者・職人は、第2次世界大戦で建物や橋などを破壊するため、前線に送り込まれました。そのために多くの戦死者を出しました。戦後、私たちは破壊のための戦争に反対することを誓い合いました。私たちはもう一度、戦争の愚かさを、平和の尊さを確認しなければなりません。
 私たちは、米国が今からでも即座に軍事攻撃を止めることを強く訴えます。また、日本政府は平和憲法を持つ国として、話し合い・非軍事的措置による解決のためにあらゆる努力を重ねるよう求めるものです。
BACK HOME TOP
Copyright(C)2000-2005 National Federation of Construction Workers' Unions All Rights Reserved.