全国建設労働組合総連合 General Federation of Construction Worker's Union
BACK HOME
知っ得News 家を建てたいリフォームしたい 全建総連コーナー
サイトマップ
お問い合わせ
■新潟県中越沖地震等の被害状況
(2007/7/27)


【2007年/7/23】

1.全建総連は23日、新潟県建設ユニオンを訪問しました
 全建総連本部の笹田住宅対策部長と勝野企画調査室長、教宣部小野寺書記が7月23日、新潟県建設ユニオン事務所を訪れ、青柳委員長、佐野副委員長、南書記長に震災のお見舞いを申し上げるとともに、見舞金を手渡し激励しました。青柳委員長より「全国の仲間に心配をいただいており、感謝申し上げたい。一日も早い復興のために組合としても頑張っていきたい」とお礼がありました。

2.柏崎市在住の組合員宅を訪問しました
  同日、新潟ユニオン役員と全建総連役員は、柏崎市に在住する4名の組合員宅を訪問し、3名の組合員及び家族と面会し、震災時の様子を伺いお見舞いを申し上げました。仲間の被災状況は基礎のひび割れや瓦の一部ずれなど、家屋の一部損壊のみで、人的被害は出ていないということです。

3.柏崎刈羽建築組合を訪問しました
 柏崎市内にある全建連(社団法人全国中小建築工事業団体連合会)傘下の新潟県建築組合連合会に加盟する柏崎刈羽建築組合を訪問し、お見舞いを申し上げました。

4.今後の対応について
 全建総連本部では25日に専従役員会議を開催し、現在までの状況を検討し、@組織的なカンパ活動は行わない(新潟ユニオンとしてもカンパ活動は行わないということです)、A被災した住宅の補修等については、国交省や建設ユニオン、全建連とも連絡を取りながら検討をしましたが、全建連の現地組合である柏崎刈羽建築組合が中心となって中越地域の組合が取り組むということなので、全建総連としては現地組合の取り組み状況をみながら対応を検討していきます。


【2007年/7/17】

 1.新潟県中越沖地震について
 7月16日(月)の午前10時13分に発生した新潟県中越沖地震は、04年10月の新潟県中越地震と同じマグニチュード6.8を記録し、新潟県柏崎市をはじめ長岡市、刈羽村、長野県飯綱町で震度6強という大きなものでした。
 消防庁と新聞報道によれば、17日現在で人的な被害状況は死亡9人、行方不明1人、負傷者929人、家屋被害は全壊342棟、半壊97棟、避難者12,724人に達している状況です。また、ライフラインは電力が25,198戸で停止、ガスは34,000戸で停止、水道は8,735戸で停止となっています。
 
 全建総連では新潟県建設ユニオンおよび長野県建設労連と連絡をとり、お見舞いを申し上げるとともに、被害状況の確認をいたしました。

【新潟県建設ユニオン(7月17日午前10時40分)】 
  震度6強を記録した柏崎市内に4人の組合員がいる。4人とも電話連絡はついた。家屋の倒壊、半壊等の大きなものはなく、また人的被害、けがをした人も現在のところおりません。詳細は現在緊急に調査中。

【長野県建設労連(7月17日午前10時)】
 大きく揺れた県北部の単組の長野建設産業労働組合と飯水岳北建設労働組合の役員とは連絡が取れている。現在のところ飯綱町に在住する3〜4人の組合員の家屋に被害が出ている。人的被害はない。現在詳細を杷握中。

  2.台風4号等による豪雨災害について
 7月5日頃より日本付近に停滞した梅雨前線と台風4号により、九州をはじめ四国、関西地方で記録的な大雨となりました。
 消防庁発表の7月15日現在の被害状況は、死亡5人、行方不明1人、負傷者78人、家屋の全壊18棟、半壊18棟、一部破損168棟、床上浸水205棟とされています。
 全建総連では九州・沖縄と四国の各県連・組合に被害状況の確認をいたしましたが、人的被害は出ていません。しかし、いくつかの県連・組合の仲間で家屋被害は出ているようで、被害状況の把握中とのことです。

 3.今後の対策について
 地震や豪雨で被害に遭われた仲間の皆さんにお見舞いを申し上げるとともに、全建総連として被害状況等に関して今後も集約を行い適宜、各県連・組合にお知らせします。
 また、新潟県中越沖地震に関して、住宅相談等を含めた復旧活動については、新潟県建設ユニオン、国土交通省、新潟県、関係団体等と連携を取りながら検討していくこととします。


BACK HOME TOP
Copyright(C)2000-2004 General Federation of Construction Worker's Union All Rights Reserved.