全国建設労働組合総連合 General Federation of Construction Worker's Union
BACK HOME
知っ得News 家を建てたいリフォームしたい 全建総連コーナー
サイトマップ
お問い合わせ
■ 「地元と親密な関係構築を」 民主党・建設労働議員懇談会が総会
(2007/11/5)


 全建総連の伊藤義彰委員長と本部専従役員は11月1日、参議院議員会館第1会議室で開催された民主党の「建設労働議員懇談会総会」に出席して、国民医療の拡充、建設国保組合の育成・強化、住宅建設の促進、建設雇用の改善や建設技能者育成・促進、大衆増税反対など、全建総連の制度政策要求の説明と来年度予算確保の要請を行いました。民主党からは、衆参合わせて111議員(代理68人含む)が出席しました。

 懇談会会長の山下八洲夫参院議員は「国保組合への特別助成等の満額確保や特定健診・保健指導、後期高齢者医療制度の問題等に、しっかりと応えていきたい。また、国会議員の皆さんは、各地元で全建総連と親しくなり、支えていくようお願いしたい」と挨拶。

 続いて伊藤委員長が、日頃の諸運動や建設国保の運営に対する理解に感謝を述べた上で「国会議員の皆さんには、各県連・組合と親密な関係を築きながら、尽力してほしい」と、協力を求めました。

 役員改選では、会長に山下八洲夫参院議員、副会長に赤松広隆、仙谷由人各衆院議員、千葉景子、小川勝也各参院議員、事務局長に高木義明衆院議員、事務局次長に園田康博衆院議員、水岡俊一参院議員、顧問に石井一参院議員が選任されました。


BACK HOME TOP
Copyright(C)2000-2004 General Federation of Construction Worker's Union All Rights Reserved.