全国建設労働組合総連合 General Federation of Construction Worker's Union
BACK HOME
知っ得News 家を建てたいリフォームしたい 全建総連コーナー
サイトマップ
お問い合わせ
■ 「野田市に続き全国に公契約条例を」
--- 野田市公契約条例の可決成立に当たって --- 全建総連 書記長 古市良洋
(2009/10/01)


 私たちの悲願であった公契約条例が全国に魁(さきが)けて野田市(千葉)で制定され、「地方分権のモデルケース」として実を結びました。公契約運動に取り組んでいる全国の仲間を励ますものです。全建総連は全国の仲間を代表して関係者に敬意を表します。条例の制定では地元組合の奮闘と組合の要請に真摯に向き合って検討された行政、更には条例の制定を熱心に審議された議員各位に感謝申し上げる次第です。

 公契約条例は現場に働く仲間の賃金水準を維持することにつながり、入札における過度な低価格競争に歯止めがかかるものと期待できます。と同時に全国の公共現場に働く建設労働者、建築職人に公契約運動への確信を深めることができました。野田市議会は2005年3月に公契約法の制定を求める意見書を採択した経緯をもち、厳しい現場実態から根本崇市長を始め打開への模索があったとうかがっています。千葉市長会、関東市長会、そして全国市長会では、「公契約法の検討」や「関係法令の整備」を求める提案を率先し、政府に対する働きかけが行われてきました。制定された公契約条例は予定価格が一億円以上の公共工事や一千万円以上の公共調達を対象とし、市が定める基準額以上の賃金支払が義務化されます。条例には具体的な金額は示されていませんが公共工事設計労務単価や市職員の給与条例を勘案して定めるとしています。全国初の導入から根本市長の「不充分なところは改める」姿勢が実効性を担保するものと確信でき、行政、業界団体、労働団体間の意思疎通の素地も生まれるでしょう。

 野田市における公契約条例の制定は全建総連が全国各地で取り組んでいる公契約法の制定を求める運動、公契約条例の制定を求める運動の励みとなり勇気づけられます。改めて全国の仲間に訴えます。皆さんの住む町にも公契約条例を制定させようではありませんか。その為の地方議会請願や首長に対する陳情などあらゆる手立てを尽くして公契約運動の大河となるよう共に奮闘いたしましょう。


BACK HOME TOP
Copyright(C)2000-2004 General Federation of Construction Worker's Union All Rights Reserved.