全国建設労働組合総連合 General Federation of Construction Worker's Union
BACK HOME
知っ得News 家を建てたいリフォームしたい 全建総連コーナー
サイトマップ
お問い合わせ
■ 11.19中央総決起大会に6192人参加
(2009/11/25)

雨中にデモ行進で「今すぐ仕事を」と唱和=東京駅付近
 全建総連は11月19日、東京「日比谷公園大音楽堂」で全国から49県連・組合から6192人が集まり、建設不況打開・生活危機突破、予算要求中央総決起大会を開催しました。11月の最高気温としては、17年ぶりに10度を下回る真冬並みの寒さと雨の中、全国から集まった仲間たちは「建設国保育成・強化」「今すぐ仕事を」と唱和し、要求実現に向けて団結しました。

 冒頭、主催者を代表して田村中央執行委員長が挨拶しました(別掲)。

 各省との交渉団を代表して、棗田副委員長が「全国の仲間を代表して建設緊急雇用対策を訴え、建設国保など関連予算の確保に向けて全力で交渉にあたる」と挨拶。

 基調報告に立った古市書記長は、本大会の課題と目的を2点に分けて、次のように話しました。 @建設国保に対する特別助成等を満額確保、A建設版の緊急雇用対策を直ちに行ってもらう。

 Aについて、住宅の耐震化、耐震改修計画がつくられていない市町村や自治体がたくさんある。計画をつくってもらい、私たちの技術・技能を地域で発揮できる施策をつくるよう要求する。 また、住宅改修に関係して、各役所の窓口を一本化して制度の普及・促進を図り、しっかり仕事ができるように要求する、など訴えました。

 決意表明では岐阜建労・高橋一さん、香川建労・寺岡克彦さんが「既に限界に達している建設労働者に仕事確保を」など訴えました。

 最後に、富山県連・白井宏さんによる大会決議案が提案され、拍手でこれを承認。加地副委員長による団結ガンバロウの後、参加者は東京駅周辺までデモ行進に出発し、「建設国保の育成・強化」「今すぐ仕事を」と願いを唱えました。


田村豪勇中央執行委員長の主催者代表挨拶
田村豪勇中央執行委員長
 はじめに、全国70万の全建総連の仲間と共に建設不況打開、生活危機突破のために、その先頭に立ち闘うことを誓う。

 10月に開催した全建総連第50回定期大会では、過去に例がなく、現職閣僚2人が出席した。 長妻昭厚生労働大臣は「建設業に関わる労働者の皆さんが、誇りと自信を持って働くことができる。また、若い入職者にとって、魅力ある建設業となるよう雇用改善に関する政策をこれまで以上に強力に推進する」、仙谷由人行政刷新担当大臣は「建設国保は従来以上に手厚く守るべき。公契約法実現に向けて、私も努力したい」と心強い激励の言葉をいただいた。 しかし、全国仲間からは「本当に仕事を何とかしてほしい」という悲痛な声が後を絶たない。

 本日改めて、建設不況打開、生活危機突破を掲げ、建設緊急雇用対策の実現を求め、政府、政党の皆さんに要請する。

 地域経済の活性化は、耐震改修助成制度やライフラインなどの安全確保、省エネ、バリアフリーなどへの支援による建設従事者への雇用確保を通じてこそ行うことができると信じている。

 もちろん、当面の重要課題である予算要求闘争を成功させ、命の綱である建設国保に対する特別助成をはじめ関連予算を確保するため、全力で取り組む。


各政党代表の挨拶
※( )内の役職名は、全建総連独自に記載

山下八洲夫参議院議員【民主党】
山下 八洲夫参議院議員(建設労働議員懇談会会長)

 全建総連第50回定期大会では、仙谷行革大臣が「建設国保は満額確保する」と発言あった通り、与党として全力あげて満額確保していきたい。

 今、議員会館が建設中だ。この現場では、6次下請で全建総連の仲間の皆さんが働いていると聞いた。相当、賃金は下がっていると心配される。超党派で協力しながら、次の通常国会では、最低賃金を確保できる公契約法の成立に向けた努力をしていきたい。

田村憲久衆議院議員【自民党】
田村 憲久衆議院議員(政務調査会副会長)

 人に仕事がなければ、何も出来上がらない。野党として与党に物申しながら、皆さんの仕事確保に頑張りたい。

 私は14年間、建設国保の予算確保や制度を守るためにお手伝いさせていただいた。一方で、医療制度一元化の話が出ている。もしそうなれば、建設国保自体が無くなってしまう恐れもある。そんなことは、断じてさせない。皆さんにとって大切な命の綱である建設国保をしっかり守っていくために、共に頑張りたい。

弘友和夫衆議院議員【公明党】
弘友 和夫衆議院議員(団体渉外委員長)

 「建設国保育成・強化」」「今すぐ仕事を」と書かれたプラカードの通り、今すぐ仕事があることが大事だ。

 今私たちは、第1次補正予算の執行停止をした。そして、来年度予算を削る事業仕分けは、じっくりと基準を設けてやらなければならない。

 今大事なのは、今すぐ建設不況を打開して、仕事が必要という現状認識が必要だ。何が何でも建設国保への満額回答はもらわないといけない。

小池晃参議院議員【共産党】
小池 晃参議院議員(政策委員長)

 「今すぐ仕事を」の悲鳴が、日本中にあふれている。建設不況は、建設で仕事をする以外に解決できない。皆さんの蓄積した技術を活かせる政策が今必要だ。

 リフォーム、バリアフリー化、耐震化促進、公共施設の耐震化そして保育園など福祉施設を増やしていく。政治がその気になれば、仕事をつくることができるのではないか。

 建設国保の育成・強化のため、特別助成の関連予算は満額確保実現に力を合わせていこう。

吉泉秀男衆議院議員【社民党】
吉泉 秀男衆議院議員(労働副委員長)

 非正規雇用者が増えるばかりの今の日本は、働く人が主人公でなければならない。

 日本の政治は変わる。これまでの政治によって、建設業で働く人の現実がズタズタにされて、将来が見えなくなっていた。これを、与党として精一杯変えようとしている。

 私たちの本当の暮らしの再建には、直接関係する予算のあり方について鋭意奮闘中だ。次世代へ日本を託すために、共に頑張っていこう。

自見庄三郎参議院議員【国民新党】
自見 庄三郎参議院議員(幹事長)

 現在の不況は、来年度予算の仕分けでカットするばかりではいけない。上積みする事業がなくなっては、景気はよくならない。

 今大事なことは、景気をよくすること、雇用を増やすこと、だ。これは、与党として責任を果たさなければならない。

 建設国保の重要性や育成・強化してきた永続性については、十分認識している。70万人の健康と命を守るために、責任を持って取り組ませてもらう。


国会議員出席者・メッセージ
※ゴシック体の議員は、政党代表者挨拶、順不同・敬称略

議員本人
【民主党】本多平直衆院議員、山下八洲夫、神本美恵子、辻泰弘、中谷智司、水岡俊一各参院議員【自民党】田村憲久、加藤勝信、金田勝年、後藤田正純各衆院議員、小池正勝参院議員【公明党】弘友和夫参院議員【共産党】小池晃参院議員【社民党】吉泉秀男衆院議員【国民新党】自見庄三郎参院議員

代理
【民主党】五十嵐文彦、今井雅人、枝野幸男、大串博志、奥野総一郎、古賀一成、小林千代美、小室寿明、佐々木隆博、仙谷由人、園田康博、高井美穂、田名部匡代、土肥隆一、中野渡詔子、初鹿明博、福田昭夫、細川律夫、松木けんこう、松崎哲久、山崎摩耶、柚木道義、渡部恒三各衆院議員、植松恵美子、金子恵美、郡司彰、行田邦子、佐藤泰介、芝博一、島田智哉子、主濱了、高橋千秋、田名部匡省、千葉景子、徳永久志、富岡由紀夫、林久美子、増子輝彦、吉川沙織各参院議員【自民党】石破茂衆院議員【共産党】志位和夫、高橋千鶴子各衆院議員、仁比聡平参院議員【社民党】服部良一衆院議員【みんなの党】渡辺喜美衆院議員

祝電・メッセージ
【民主党】網屋信介、五十嵐文彦、池田元久、石毛^子、石田芳弘、大串博志、大島敦、大西健介、大畠章宏、岡本充功、小川淳也、小野塚勝俊、川端達夫、北神圭朗、工藤仁美、古賀敬章、小宮山洋子、佐藤ゆうこ、階猛、神風英男、末松義規、高井崇志、滝実、武正公一、田中けいしゅう、筒井信隆、寺田学、中根康浩、浜本宏、伴野豊、藤村修、古川元久、牧義夫、牧野聖修、三日月大造、三谷光男、三井辨雄、三宅雪子、山口壯、山崎誠、横光克彦各衆院議員、相原久美子、家西悟、犬塚直史、植松恵美子、大塚耕平、小川敏夫、尾立源幸、加藤敏幸、川崎稔、木俣佳丈、工藤堅太郎、行田邦子、佐藤公治、島田智哉子、榛葉賀津也、鈴木陽悦、高橋千秋、谷博之、辻泰弘、津田弥太郎、長浜博行、中村哲治、広田一、平田健二、平野達男、藤田幸久、円より子、柳田稔各参院議員【自民党】井上信治、大村秀章、河井克行、高市早苗、谷畑孝、中川秀直、村田吉隆各衆院議員【公明党】石井啓一、石田祝稔、漆原良夫各衆院議員、荒木清寛参院議員【共産党】赤嶺政賢、笠井亮、塩川鉄也、高橋千鶴子、吉井英勝各衆院議員、市田忠義、大門実紀史各両参院議員【社民党】阿部知子、重野安正、中島隆利各衆院議員【国民新党】森田高参院議員【無所属】横路孝弘衆院議員、江田五月、松浦大悟両参院議員 国会議員


BACK HOME TOP
Copyright(C)2000-2004 General Federation of Construction Worker's Union All Rights Reserved.