全国建設労働組合総連合 General Federation of Construction Worker's Union
BACK HOME
知っ得News 家を建てたいリフォームしたい 全建総連コーナー
サイトマップ
お問い合わせ
■ 民主党建設議員懇が細川厚労大臣へ要請
(2010/12/17)

細川厚労大臣(中央)に対して赤松会長(左2番目)が「現行補助水準維持をお願いしたい」と求めた
 建設国保に対する現行補助水準維持を求めて12月17日、民主党建設労働議員懇談会は細川律夫厚生労働大臣に要請しました(場所=厚生労働大臣室)。赤松広隆会長(衆議院議員)をはじめ、土肥隆一副会長(衆議院議員)、水岡俊一事務局長(参議院議員)、中根康浩事務局次長(衆議院議員)、舟山康江幹事(参議院議員)が出席。全建総連は田村中央執行委員長、古市書記長、大江・林両書記次長、勝野社会保障対策部長が同席しました。
細川厚労大臣(左5番目)に要請書を手渡す田村委員長(左4番目)
 冒頭、赤松会長は「最後の段階だが、建設国保に対する現行補助水準の維持をお願いしたい」。田村委員長は「建設国保は多くの仲間の命綱。予算確保を」と訴えました。

 細川大臣は「仕分け結果を受け、所得水準の高い国保組合は補助削減、所得水準の低い国保組合は現行水準を維持したい。今は法改正の準備をし、予算案の作業を進めている」と述べました。


BACK HOME TOP
Copyright(C)2000-2004 General Federation of Construction Worker's Union All Rights Reserved.