全国建設労働組合総連合 General Federation of Construction Worker's Union
BACK HOME
知っ得News 家を建てたいリフォームしたい 全建総連コーナー
サイトマップ
お問い合わせ
国保組合補助金「現行補助水準確保の見通し」 補助金総額は3222億3
(2011/12/26)


 政府は12月24日の臨時閣議で、2012年度政府予算案を決定しました。

 厚労省予算のうち、国保組合に対する補助金は総額で3222.3億円(対前年度比29.0億円減)となりました。

 厚労省保険局国保課によると、2012年度予算案では所得水準の高い国保組合の補助金の見直し等「国保組合に対する補助の見直し」を、見込まない形で算出。また定率補助の減額は、国保組合の被保険者数の減少と組合特定被保険者の増加によるものと説明しています。

 これにより、私たちの建設国保は現行補助水準を確保する見通しとなりました。ただし個別の国保組合ごとに見ると普通調整補助金(普調)は、前回の所得調査を反映したものに2011年度から変更されています。

 私たちは全国の仲間と家族によるハガキ要請行動(12月22日途中集約時点で、110万2136枚)や、各県連・組合で取り組んでいただいた地元国会議員要請行動(12月22日途中集約時点で、本人120人、秘書など375人、合計495人)、二度の中央総決起大会、中央行動、年末の中央闘争委員会行動、政党要請等を通じ、「建設国保の現行補助水準確保」を求める行動をこれまで続けてきました。こうした行動の結果が国保組合に対する補助金3222.3億円の確保、建設国保の現行補助水準確保につながりました。


BACK HOME TOP
Copyright(C)2000-2004 General Federation of Construction Worker's Union All Rights Reserved.