全国建設労働組合総連合 General Federation of Construction Worker's Union
BACK HOME
知っ得News 家を建てたいリフォームしたい 全建総連コーナー
サイトマップ
お問い合わせ
東海地協「消費税率引き上げ反対」 名古屋駅で街宣行動
(2012/05/23)
道行く人に「増税反対」を訴えたチラシを手渡した
 東海地協は5月20日、全建愛知、三重、静岡、岐阜から代表役員、担当組合員、青年部幹事、書記局ら38人(小林部長含め)が結集して、名古屋駅前で消費税率引き上げ反対を訴える街宣行動に取り組みました。

 午前10時、全国を走り回る全建総連宣伝カーを休日でにぎわう名古屋駅前に陣取り、本部・小林税金対策部長の第一声でスタートしました。

 同時に、三重建労と岐阜建労の宣伝カーは、駅周辺を二手に分かれて街宣用のテープをスピーカーで流し、巡回を開始しました。

 組合員たちは各県の組合ジャンパーに身を包み、のぼりを掲げ、それぞれにチラシとティッシュの入った手さげカゴを抱え、駅ビルや百貨店ビルからどっと溢れ出てくる通行人や買い物客に配布、また地下街でも若者や家族連れに「これ以上景気を後退させないために増税に反対しましょう」と手渡し訴えました。
宣伝カーでは各組合代表が順番に「増税反対」を市民に呼びかけた
 私たちの行動を待ち合わせで見ていた人からは、配布したチラシを読みながら、「政治がしっかりしてほしいよね」と賛同の声が聞かれました。

 一方、宣伝カーの車上では、小林部長に続き、岐阜・嶋田委員長(地協副委員長)、三重・杣川委員長、静岡・伏見委員長、全建愛知・服部税対部長、岐阜・熊崎税対部長がリレーで演説を行い、行き交う車やバスやタクシーや、通行人からの目線に緊張しながらも「ご通行中の皆さん、仕事と生活に重大な影響を与える消費税率引き上げにNOを」「政府の公平な税という言葉に惑わされず、全国民で反対しよう」と力強い声で呼びかけました。

 同日は東海地協青年部会議が開催の運びだったため、今回は代表幹事の皆さんにも参加してもらいました。各県で母体を支援している青年部ですが、仲間の協力で時間内に用意したチラシ・ティッシュはすべて配布し切ってしまいました。


BACK HOME TOP
Copyright(C)2000-2004 General Federation of Construction Worker's Union All Rights Reserved.