全国建設労働組合総連合 General Federation of Construction Worker's Union
BACK HOME
知っ得News 家を建てたいリフォームしたい 全建総連コーナー
サイトマップ
お問い合わせ
四国地協が街宣「消費税率引き上げ反対」を再び訴える
(2012/06/08)
四国地協の全県連・組合が高松駅に集結して街宣行動 増税反対を訴えるチラシを受け取る通行人=高松駅付近
四国地協の全県連・組合が高松駅に集結して街宣行動 増税反対を訴えるチラシを受け取る通行人=高松駅付近
会社員にも増税反対を訴えた=高松市・合同庁舎付近 徳島県西部を重点的に街宣=徳島建労
会社員にも増税反対を訴えた=高松市・合同庁舎付近 徳島県西部を重点的に街宣=徳島建労

 四国地協は4月2〜10日、全建総連の宣伝カーで街宣を実施。四国の全県を回りました。その後、消費税率引き上げをめぐる動きが緊迫してきたことから5月31日、香川県高松市に四国ブロック全県連・組合の役員・担当者が集まって通行人に消費税率引き上げ反対を訴えました。

 当日は、全建総連・小林税対部長も来訪し、また各県連・組合から19人が高松駅に集合。

 全建総連・中西副委員長(香川建労委員長)があいさつ。「皆さん消費税率引き上げ反対の運動は今が大変重要な時期です。今日一日頑張りましょう」。

 高松駅では宣伝カー上で、順次各組合代表がマイクを握り約1時間、市民に訴えました。「なぜ、こんな景気の悪い時期に消費税率の引き上げをするのでしょうか」「いま必要なのは税金の使い方にメスを入れ、行政のあり方を変えることではないでしょうか」。

 チラシやポケットティッシュも500個ほど配りました。

 近くに合同庁舎があり、昼休みの時間帯ということで、公務員や会社員の人も多く、大きく世論を喚起した1日でした。

 その後、宣伝カーは徳島建労が使用。県西部を重点的に15カ所で街宣行動に取り組みました。参加者は弁士も含め延べ42人。国会審議が行われており、マスコミでも連日報道されていることから関心も高く、歩行者からの声援や車から手を振る方もたくさんいました。


BACK HOME TOP
Copyright(C)2000-2004 General Federation of Construction Worker's Union All Rights Reserved.