全国建設労働組合総連合 General Federation of Construction Worker's Union
BACK HOME
知っ得News 家を建てたいリフォームしたい 全建総連コーナー
サイトマップ
お問い合わせ
「この時期の消費大増税採択に反対する超党派国民集会」が開催
(2012/06/15)
会場は消費増税反対を訴える国会議員や参加者で満員に
 6月14日、消費税を考える国民会議(会長  清水信次 ライフコーポレーション会長)主催の「この時期の消費大増税採択に反対する超党派国民集会」が、憲政記念館で開催されました。全建総連に対しても参加依頼があり、緊急でしたが各県連・組合に対して参加を呼びかけ、7県連・組合から82人が参加しました。

 集会にはたくさんのマスコミが訪れひっきりなしにフラッシュがたかれます。また、受付は開会の時間が近づくにつれ人で埋まり、受付を終えても会場に入れないたくさんの人たちが館外のマイクの声に耳を傾けていました。

 集会は清水会長のあいさつで始まり、有識者のあいさつ後、呼びかけ人(民主党・鳩山由紀夫衆議院議員、無所属・亀井静香衆議院議員、共産党・志位和夫衆議院議員、社民党・福島みずほ参議院議員、みんなの党・渡辺喜美衆議院議員、新党きづな・内山晃衆議院議員、新党大地・真民主・松木けんこう衆議院議員)が消費税率引き上げ反対を力強く訴えました。「生活を守り、景気を良くすることがまずは必要」「国民の理解を得ずに消費税を上げるのは許せない」「このデフレ化で消費税を上げれば、日本経済の底が抜けてしまう」などの言葉がありました。

 最後に4人の国会議員が決議文を提案。野田総理大臣への提出時期に関しては、国民会議に一任されました。なお、集会には本人(116人)・代理合わせて152人の国会議員が参加。


BACK HOME TOP
Copyright(C)2000-2004 General Federation of Construction Worker's Union All Rights Reserved.