全国建設労働組合総連合 General Federation of Construction Worker's Union
BACK HOME
知っ得News 家を建てたいリフォームしたい 全建総連コーナー
サイトマップ
お問い合わせ
第28回全国青年技能競技大会 埼玉土建が二連覇
(2012/09/26)
金・銀・銅各賞を受賞した6人と巻田中央執行委員長(右から3番目)
 全建総連は9月16〜18日、第28回全国青年技能競技大会を兵庫県神戸市にある神戸国際展示場3号館で開催。沖縄県建設ユニオンが初めて参加する中、76人の選手が日頃から磨いた技術・技能を活かし、競技課題「四方転び踏み台」の製作に熱戦を繰り広げました。金賞は埼玉土建の多比良和矢選手が受賞し、組合として2年連続の金賞を受け取りました。


【動画】全建総連第28回全国青年技能競技大会(外部へリンクします)



 第28回全国青年技能競技大会には、北は北海道連、南は沖縄県建設ユニオンの33県連・組合から76人の選手が、兵庫県神戸市「神戸国際展示場」に集まりました。
金賞受賞の埼玉土建・多比良和矢選手
 開会式では、主催者を代表して大会会長の巻田中央執行委員長が「青年組合員の技能向上と、木造軸組構法の継承を目的とした競技大会。課題は規矩術の各要素が凝縮されている。各選手が技能を発揮し、上位入賞を目指してほしい」と挨拶をしました。また、地元組合からは兵庫県連・貴田会長が選手に対し、明日の建設産業を担う技能者として、競技と仕事両面での活躍に期待を込めて挨拶をしました。

 競技課題「四方転び踏み台」の製作時間は標準6時間(打ち切り6時間15分)で、作業は@現寸図の製作・提出、A部材の木削り、B墨付け、C加工仕上げ、D組み立ての順序で完成させます。

 森川運営委員長(全国青協議長)の「始め」の合図で、選手は一斉に現寸図を描き始め、しばらくの静寂が続きました。次の工程で、部材を鉋で削ると、熱気を帯びた会場はまるで職人の作業場。力強くも繊細な手つきで叩き鑿、突き鑿で次々と彫(ほ)り、器用に鋸を挽き、額の汗が光ります。

 仕上げた部材の一つひとつを組み立てると、四方転び踏み台が形となって姿を表します。時間いっぱいまで作業に取り組み、「止め」の合図で作品提出、審査に移りました。

 閉会式では、来賓のうち国交省住宅局住宅生産課の伊藤明子課長をはじめ、厚労省職業能力開発局能力評価課の本間之輝課長補佐、兵庫県産業労働部政策労働局能力開発課の廣瀬一雄副課長、神戸市市民参画推進局市民生活部勤労市民課の志水達也課長、中央職業能力開発協会技能振興部の塚本勝利部長の5人から、選手に対して激励と建設技能者の育成、建設産業の振興などの挨拶を受けました。

 競技結果(別掲)は、金賞1人、銀賞2人、銅賞3人、入賞10人、特別賞2人、奨励賞57人とし、表彰をしました。

金賞・埼玉土建の多比良和矢選手
埼玉土建の多比良和矢選手 埼玉土建の多比良和矢選手は、第20回の秋田大会から9回連続で出場しており、念願の金賞に選ばれて歓喜しました。

 「ようやくとった、やっとつかんだ。銅賞は1回、しばらく入賞が続いた。毎回もう駄目かな。いや次こそは」との思いで続けてきました。

 今回は組み立てた時の感触がいつもと違いました。「胴付きに隙間がなく、柱も捻じれがなかった。銅賞以上はいける」とひそかに自信があったと言います。

 昨年の結果は入賞。しかも、同じ組合の後輩が金賞に選ばれて「正直悔しかった」と多比良選手。

 今年こそは、と闘志に燃えて臨んだ大会。「帰ったら親方に胸を張って報告したい」と笑みがこぼれました。

初参加の沖縄ユニオン
沖縄ユニオンの小橋川誠選手小橋川誠選手…「全国の技能レベルが想像以上に高かった。沖縄県の住宅はほぼコンクリート造のため、今まで刻みを経験したことがない。鑿や鉋の扱いが特に難しかったが、事前の技能講習も含め大変勉強になった。来年もぜひ挑戦したい」
沖縄ユニオンの福原直選手福原直選手…「競技を通じて、さしがねの使い方を学び、とても良い経験ができた。仕事に活かしていきたいと思う。年齢制限で来年は参加できないが、参加したいという気持ちは強く、競技を楽しめた。大会の魅力を後進に伝えたい」
競技結果
金賞 埼玉土建 多比良 和矢
銀賞 京都建労 高橋 弘之
銀賞 鳥取県連 田渕 和義
銅賞 島根建連 持田 真宏
銅賞 兵庫県連 前田 拓彦
銅賞 神奈川県連 原田 登
入賞 千葉土建 吉田 亮輔
入賞 山形県連 山本 秀康
入賞 三重建労 米良 敏夫
入賞 三重建労 粒来 慎
入賞 東京都連 梅谷 佳成
入賞 三重建労 成松 功教
入賞 千葉土建 貫洞 寿成
入賞 宮城県連 千葉 和也
入賞 建労岡山 本田 堅太郎
入賞 千葉土建 中島 裕章
特別賞 兵庫県連 小林 俊文
特別賞 沖縄ユニオン 福原 直


































BACK HOME TOP
Copyright(C)2000-2004 General Federation of Construction Worker's Union All Rights Reserved.