全国建設労働組合総連合 General Federation of Construction Worker's Union
BACK HOME
知っ得News 家を建てたいリフォームしたい 全建総連コーナー
サイトマップ
お問い合わせ
第46回衆議院議員総選挙にあたって
(2012/11/19)

 11月16日、衆議院は本会議を開き解散しました。政府はその後の臨時閣議で、12月4日公示、16日投開票の日程を決めました。民主党による政権交代が行われてから3年4ヶ月ぶりの総選挙となります。

 17日のマスコミ各紙は「政権交代総括へ」「衆院解散課題積み残し」「お任せ政治脱却の時」と報じました。自民党から民主党への政権交代を経て、新党の乱立といった混迷する政治状況のなかで、地域建設産業の再生を含む経済対策、東日本大震災からの復興、消費増税、脱原発、TPPなど多くの課題が山積しており、国民生活を守るためにも、まさに私たち国民の「見分ける目」が問われる重要な選挙です。

 全建総連はこの選挙を建設国保の安定、補助金確保、健保適用除外制度見直し、公契約法・リフォーム助成の推進、アスベスト対策、大衆増税反対など全建総連の重要課題を前進させるための大きな機会と位置づけ、各県連・組合がそれぞれの立場から奮闘していきます。

 また、年末解散となったことにより、2013年度政府予算編成は19年ぶりに越年となる見込みです。国保組合への補助金をはじめ、住宅関係や職業訓練、労働安全等の予算確保のたたかいは、新たな政権のもとで年末から年明けの予算編成に向けて引き続き全力で取り組んでいきます。

全国建設労働組合総連合
書記長 勝野 圭司


BACK HOME TOP
Copyright(C)2000-2004 General Federation of Construction Worker's Union All Rights Reserved.