全国建設労働組合総連合 General Federation of Construction Worker's Union
BACK HOME
知っ得News 家を建てたいリフォームしたい 全建総連コーナー
サイトマップ
お問い合わせ
全木協「東京都、香川県で災害協定締結 13都県」
(2013/07/18)
調印を済ませた=東京都
 全木協と東京都との「災害時における木造の応急仮設住宅の建設に関する協定」の締結式が、7月11日に東京都庁で行われました。

 締結式には東京都都市整備局の飯尾局長、瀧本都営住宅経営部長、小野寺建設推進担当部長、全木協からは青木理事長、巻田副理事長、澤田専務理事、全木協東京都協会からは池田会長をはじめ関係者が出席。

 飯尾都市整備局長からは、「東京都では東日本大震災の発生に伴い、防災計画の見直しを行った。仮設住宅の供給・建設は災害時にまず必要なこととなる。今回、全木協と協定を締結させて頂いたことは、東京都としても災害が発生した際の被災者救済に大きな力添えとなる。皆さんの活動に期待をしている」と挨拶がありました。

 全木協青木理事からは、「首都東京での締結は全国の自治体に大きな影響を与えるので、これを機に全都道府県との協定締結に弾みをつけたい。今まではプレハブ建築協会がほぼ独占で仮設住宅の建設を行っていたが、地域工務店による木造の仮設住宅が建設されることにより、地域経済復興にも役立つ。福島県での経験を活かして、東京でも地域工務店・建設職人としての役割を果たしたい」と述べました。

 7月16日には香川県庁で香川県との調印式が行われました。
浜田知事(左)と調印を交わす全木協の青木理事長=香川県
 県からは浜田知事、細谷土木部長、寺嶋住宅課長、全木協からは青木理事長、澤田専務理事、香川建労の中西委員長、香川県総合建設センターの村川会長らが出席。

 浜田知事は、「南海トラフを震源とする地震や、東日本大震災を受けての新たな課題などを踏まえ、地域防災計画の見直しを行うなど、防災・減災対策に鋭意取り組んでいる」と述べると共に、「このような中、協定を締結できることは、大変意義深いことであり、災害時における被災者の居住の安定という重要な課題に対し、皆様と連携を図ることにより、迅速な対応に努めたい」と挨拶しました。

 これにより、全木協の協定は13都県となりました。


BACK HOME TOP
Copyright(C)2000-2004 General Federation of Construction Worker's Union All Rights Reserved.