全国建設労働組合総連合 General Federation of Construction Worker's Union
BACK HOME
知っ得News 家を建てたいリフォームしたい 全建総連コーナー
サイトマップ
お問い合わせ
徳島市で応急仮設木造住宅建設の施工技術講習
(2013/11/26)
全国木造建設事業協会が10月29日、徳島県徳島市の県営住宅跡地で開いた「応急仮設木造住宅に係る施工技術等講習会」で、今後、各都県で実施となる講習会の指導員の研修も兼ねた指導員講習会が行われました。

 指導員講習会には、全建総連関係が10県連・組合62人(徳島建労21人、フレッセ22人など)、JBN関係が11団体23人、徳島県からは松井住宅課長ほか10人で計95人が参加しました。

 講習は座学と実技が行われ、座学は「災害協定の現状と締結の意義」「応急仮設木造住宅の概要と施工の解説」の説明を受けました。フレッセと徳島建労の組合員43人が作業を行い、屋外で手打ちによる杭打ちから、応急仮設木造住宅の棟上げまでの施工と解体を学びました。講師は、福島県で応急仮設木造住宅の建設時に主幹事工務店を務めた(株)エコビレッジ担当者が務め、その指導の下で行われました。

 徳島県での講習会には地元紙やNHKの取材もあり、NHKで全国放送されました。また、徳島県内の職人も多数訪れるなど高い関心が寄せられました。


BACK HOME TOP
Copyright(C)2000-2004 General Federation of Construction Worker's Union All Rights Reserved.