全国建設労働組合総連合 General Federation of Construction Worker's Union
BACK HOME
知っ得News 家を建てたいリフォームしたい 全建総連コーナー
サイトマップ
お問い合わせ
■ 全木協が災害協定を千葉県と締結 17都県まで拡大
(2014/06/26)


 全木協と千葉県で応急仮設木造住宅建設の災害協定締結式が4月18日に千葉県庁にて行われました。今回の協定で17都県と全木協は締結しました。

 協定式には、全木協から小川専務理事(全建総連住宅対策部長)及び全木協千葉県協会の役員及び構成団体の代表者が出席。加えて、協定締結にご尽力いただいた千葉県議会議員の鈴木衛議員にも出席いただきました。また、千葉県からは橋副知事を始め、伊東防災危機管理部原発事故対応・普及復興担当部長、早川県土整備部都市整備局長、篠崎同局住宅課長が出席。

 橋副知事は、東日本大震災で甚大(じんだい)な建物被害が発生し多くの県民が住まいを失った経験と懸念される首都直下地震を踏まえ、「幅広い応急仮設住宅の供給体制が必要であると認識していたところで、全木協と協定締結できて心強い。県の災害時の備えがいっそう強化された」と全木協への感謝を述べました。
 副知事の挨拶を受けて小川専務理事は、「被災時に応急仮設木造住宅建設が必要になった時にきちんと対応できるようにしっかりと供給体制の整備を進めていきたい」と決意を述べました。

 協定式には多くの新聞社・テレビ局が取材に訪れ、報道されました。

BACK HOME TOP
Copyright(C)2000-2004 General Federation of Construction Worker's Union All Rights Reserved.