全国建設労働組合総連合 General Federation of Construction Worker's Union
BACK HOME
知っ得News 家を建てたいリフォームしたい 全建総連コーナー
サイトマップ
お問い合わせ
■「100万人署名運動」へすべての仲間の参加を呼びかけます
(2005/10/18)


 アスベスト被害が広がるなか、各県連・組合の「緊急アンケート」の集約結果がまとまり、810人を超える組合員と家族の被害が明らかになりました。 被害者の1日も早い労災補償とアスベスト全面禁止を勝ち取るために力を尽くすことが必要です。 厚労省の、アスベストを原因とする中皮腫死亡のまとめに寄れば、2004年は953人に達し、統計取り始めた1995年を倍増しました。しかし、労災認定された方はやっと1割の127人です。

 中皮腫以外の肺がんなどを含めるとさらに倍増していること、建設従事者の被害が懸念されます。 政府は、関係省庁による「当面の対応」策を発表し、通常国会に労災以外の救済策である新法の枠組みを提出します。この新法は政府が救済基金(国と企業が拠出)をつくり数百万円程度の「救済」になりかねない内容です。

 全建総連は、アスベスト全面禁止とすべての被害者の「補償・救済」を行う総合的対策を要求し、国民的な署名運動を他団体とも共同して推進することを呼びかけました。 全建総連が中心の緊急署名です、すべての県連・組合が組織数の2倍目標で取り組んでいただくことを呼びかけます。


BACK HOME TOP
Copyright(C)2000-2004 General Federation of Construction Worker's Union All Rights Reserved.