全国建設労働組合総連合 General Federation of Construction Worker's Union
BACK HOME
知っ得News 家を建てたいリフォームしたい 全建総連コーナー
サイトマップ
お問い合わせ
■「反対世論」を創り出そう」 大衆増税反対で集会
(2006/6/8)


 全国の地域から大衆増税反対の世論を創り出すために全建総連は6月8日、大衆増税反対中央決起集会を東京の社会文化会館で開催。937人が参加しました。

 前田幸太郎中央執行委員長が「昨年から全国の各地域で大衆増税反対の街宣行動を行ってきた。今年は各政令指定都市で反対の世論を創り出す。大企業優先の一方で、低所得者や国民の懐から税金を吸い上げる大増税の政策が行われるが、この集会を機に反対のたたかいをさらに続けていく」と主催者挨拶。民主、共産、社民各党代表が激励に駆け付け連帯の挨拶をいただきました。

  基調報告をした佐藤正明書記長は、「消費税率を10%に引き上げることに国民はノーだ。しかし多くの人は声を上げない。私たちは、全国各地域の街宣行動で世論を喚起し、大衆増税阻止や社会保障の充実を訴え、建設労働者を守っていく決意を皆さんと固めて頑張る」としました。 その後、全建愛知主婦の会幹事の米山道子さんから集会アピール、ガンバロウ三唱で団結を深め、渋谷区青山の青葉公園までデモ行進(写真)をしました。

【各党代表挨拶の要旨】
民主党 江田五月参院議員(党副代表)  小泉政治は偽装政治だ。景気がよくなったというが、大企業が儲け、国民の大部分が失業、倒産、自殺に追い込まれている。年金保険料納付率は偽装させていた。野党が団結して変えていきたい。

共産党 佐々木憲昭衆院議員(党衆議院国対副委員長)  消費税増税ではなく法人税を増税するべき。だが、企業と政府が一体となって、企業をかばい、庶民に増税を課している。私たちは、団結して庶民増税を許さない声を上げるべきだ。

社民党 福島みずほ参院議員(党首)  政治は人が涙を流さないためにある。今の自民党政治は弱者切り捨ての勝ち組政治で、国民を幸せにする政治ではない。税金は人の命を活かすことに使われるべき。みんなで変えていこう。


BACK HOME TOP
Copyright(C)2000-2004 General Federation of Construction Worker's Union All Rights Reserved.