建退共/退職金をもらうには

退職金をもらうには

 労働者が退職金の請求をすると、それまでに共済手帳に貼られた証紙の枚数を通算し、国の定めた基準に基いて労働者に直接退職金が支払われます。

 退職金をもらうためには、共済手帳に証紙が24ヵ月分以上貼ってあることが必要です。

 退職金が支給されるのは、以下のような場合です。

  • 建設業で働かなくなった場合
  • 事業主になった場合
  • 55歳以上になった場合
  • 病気やケガなどで働けなくなった場合
退職金額は、おおよそ次の通りです。
年数(月数) 退職金額
2年(24月) 156,240円
5年(60月) 408,177円
10年(120月) 936,789円
15年(180月) 1,548,078円
20年(240月 2,205,588円
25年(300月) 2,927,547円
30年(360月) 3,717,861円
35年(420月) 4,610,382円
37年(444月) 4,999,680円
40年(480月) 5,633,754円
  • この退職金表は、2003年10月以降からはじめた人の場合です。
    退職金水準の見直しは、数年毎に行われます。
  • 退職金支給額は、共済手帳に貼付された証紙・21枚分を1ヶ月とみなして計算します。
  • 全建総連では、国などに対して退職金水準の引き上げを要請しています。
TOPへ