復旧支援に動く仲間 広島では義援金口座を開設

2014/09/11

 西日本を中心に大きな被害をもたらした台風11~13号やそれに伴う突風被害、そして集中豪雨による土砂災害などの自然災害により、各県連・組合で多数の被害が発生しています。全建総連では8月中旬から被害状況の調査を実施しています。8月末時点の被害状況は次の通りです。

  • 栃木建労…一部破損1件、資材置き場や倉庫の被害で3件
  • 京都建労…床上浸水21件、1支部事務所が床下浸水
  • 兵庫県連…床上浸水・一部破損4件
  • 広島建労…死亡2人(うち家族1人)、ケガ2人(うち家族1人)
     全壊3件、一部壊4件、床上浸水10件、床下浸水10件、作業場等6件
  • フレッセ…床上浸水・一部破損9件
  • 高知建労…床上浸水・一部破損28件、1支部事務所が床上浸水

 お亡くなりになられました仲間の方のご冥福をお祈りいたしますと共に、被災された仲間の皆さんにお見舞い申し上げます。
 被害に際し、京都建労と広島建労の有志が復旧ボランティアとして作業に当たっています。
 広島建労では8・20土砂災害義援金口座を開設しました(下記参照)。全建総連では義援金の割り当て、目標額等は設定をしませんが、各県連・組合の判断で対応をお願いいたします。

―広島災害義援金の口座―
中国労働金庫(2984) 広島西支店(店番724)
広島県建設労働組合8.20土砂災害対策本部
執行委員長 奥川正司   普通口座7079889
※8.20の「.」は中黒でなく、「ドット」「ピリオド」。

TOPへ