個人情報保護に関する考え方(プライバシーポリシー)

  1. 個人情報保護に関する基本的考え方

     私たちは、組合員の付託のもと、建設産業における仲間の職域と仕事、生活と健康を守るための政策・制度の実現などをめざす組合活動を円滑に遂行するために、組合員の氏名、住所、電話番号等の情報を取得・利用しています。
     私たちは、これらの組合員の個人情報を保護することの重要性を踏まえ、その社会的責任を果たすべく、以下のとおり個人情報を取り扱います。

    • 個人情報保護法その他の関係諸法令を遵守します。
    • 適正な個人情報の取り扱いに向けて役職員に対する周知を徹底させます。
    • 個人情報への不正なアクセス、紛失、改ざん、漏洩などの防止に努めます。
    • 個人情報は「利用目的等」に沿った正当な目的に限って使用します。
    • 組合活動に伴う実務を遂行するために提携・協力している団体等に対しても、適切に個人情報を取り扱うように要請します。

     以上の基本的考え方に基づき、具体的に以下のとおり取り扱います。

  2. 利用目的等
    • 全建総連および傘下組合が運動方針に基づき、(大会・中央執行委員会等の)機関会議で決定した事項等、組合活動に係わる情報等について、組合員に周知し、組合員の諸行動への参加を要請するため。
    • 組合員の仕事や健康・生活に関する諸条件や環境を改善させるための基礎的資料とするため。
    • 共済事業を組合員および家族に利用していただく際の実務に供するため。
    • 各種問い合わせに回答するため。
    • その他上記活動にともなう業務の実施のため。
  3. 第三者への提供

     私たちは、組合員本人の同意または法令に沿った上で組合員の個人データを第三者に提供する場合があります。

  4. 開示

     組合員が、本人の個人情報の開示を希望される場合には、組合員本人であることを確認した上で開示します。

  5. 訂正・削除等

     組合員が本人の保有個人データの内容が事実でないという理由により、訂正、追加または削除を希望される場合には、組合員本人であることの確認及び事実確認をした上で、その結果に基づき、訂正、追加または削除をします。

  6. 利用停止・消去

     組合員が本人の保有個人データが利用目的外に利用されていること又は不正に取得されたものであるという理由により、利用停止または消去を希望される場合には、組合員本人であることの確認及び事実確認をした上で、是正するために必要な限度で利用停止または消去します。

  7. 開示等の受付方法・窓口

     組合員が本人の個人情報に関する申し出およびその他の個人情報に関する問い合わせは総務部を窓口とします。

TOPへ